UTM

UTMとはUnified Threat Managementの略。複数の階層からのネットワーク攻撃に対策する統合脅威管理を行う。従来ばらばらだったセキュリティソフトウェアやセキュリティゲートウェイを一つに統合し、複数のセキュリティ機能を集約したネットワークセキュリティ対策を行う。
例えばファイヤーウォールは不正なIPアドレスやポート番号をフィルタリングしたり、TCP通信のブロックを行うことはできる。しかし、ウイルスやスパムメールの送信等の攻撃には対応できない。対応できる攻撃の階層が異なるのである。しかしUTMによってファイアウォールやフィルタリング、アンチスパムなど従来別々のソフトウェアで対応していたセキュリティを統合することができる。一つで様々な脅威に対応することでコスト的にも抑えることが可能だ。
UTMは購入もしくはリースで導入が可能だ。販売店や代理店ごとに様々な種類を取り扱っており、システム規模によってエントリー機、ハイエンド機の選び方が異なる。また、ルーターにUTM機能がついた製品もある。付加機能としてDLP(Data Loss Prevention / Data Leak Prevention)を搭載した製品もある。これはSSL-VPNや情報漏えい対策に有効だ。また、不正なパケット通信を遮断する機能がついたUTMもある。ただし、複数の機能の同時稼働はシステムに負荷がかかりパフォーマンスが低下するので要注意だ。

戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~