RPA

RPAとはRobotic Process Automationの略で、オフィス業務の効率化や自動化のためにソフトウェアロボットを活用することである。ルールエンジン、機械学習、人工知能等の認知技術の高まりを受けて活発になっている。ソフトウェアロボットはPCの画面上のアプリケーションやシステム画面を人間と同じように操作できる。
RPAによるオフィス業務の自動化は、PC上でのルーティンな事務処理、金融業における煩雑な書類管理、人事や採用における定型業務と相性が良い。RPAにはロボット自体の機能や作業難易度によって、以下の3段階のクラス分けがされている。
(1)クラス1:RPA(Robotic Process Automation)
RPAで行うのは複数のアプリケーションを組み合わせて行う単純作業である。
(2)クラス2:EPA(Enhanced Process Automation)
EPAは紙媒体や自由記述式のような整理されていない非定型かつ非構造化データの整理やシステム化を行うことができる。
(3)クラス3:CA(Cognitive Automation)
CAは作業や整理、システム化だけでなく、高度な意思決定を行うことができ自立度が高い。
RPAが機械学習を行うことでよりオフィス業務で効率化できる幅は広がっている。「Automation Anywhere」「Kapow」「BizRobo!」は機械学習を導入したRPAで、その中でも「BizRobo!」は日本で開発された。導入企業は保険、流通、小売などを中心に100社以上。実際に三菱UFJ銀行は、2015年度「BizRobo!」の導入で年間8000時間の事務作業の削減に成功した。
RPAが行う仕事の領域は今後さらに拡大していき、2025年度までには世界で1億人以上の知的労働者の仕事がRPAにとって変わられると言われている。これは全世界の知的労働者の1/3にあたる。

戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~