M2M

M2MとはMachine to Machineの略で、機械同士が直接コミュニケーションをとり動作するシステムのこと。これに対して人間同士の通信をH2H(Human to Human)、人と機械との通信をH2M(Human to Machine)もしくはM2Hと呼ぶ。あくまで直接の交信の場合に使う用語なのでM2Mでは人間は通信に介在しない。

M2M通信でよく用いられるのがGSM、3G、LTEといった携帯電話での無線通信形式である。これは無線形式でのM2Mの一形態といえる。人間がこの通信網を使い交信を行う以外に、機械同士が広範なネットワーク上でデータ通信を行うことが可能だ。
また、無線形式でのM2M以外にもローカルネットワーク上で行うM2M、有線で行われるM2Mも活用されている。用途によって複数のM2Mを組み合わせることも一般的に行われている。

戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~