DCiE

DCiEとはdata center infrastructure efficiencyの略で、データセンターで運用されているIT機器のエネルギー効率の指標となる数値である。IT機器のエネルギー消費はサーバー、ストレージ、ネットワーク機器等で消費する電力の合計値を指す。DCiEの計算式としてはまずPUE(Power Usage Effectiveness)によってデータセンター全体の消費電力のうちのIT機器のエネルギー消費の割合を出し、それに100をかけてパーセンテージによって表記する。 PUE=データセンター全体の消費電力/IT機器による消費電力 DCiE=1/PUE×100(単位:%) PUEとはPower Usage Effectivenessの略で国内外のベンダーで一般的に採用されており、データセンターでのIT機器のエネルギー効率を判断する指標になる。またDCiEは業界団体である「The Green Grid」によって開発され、広く用いられている。
戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~