ワークロード

ワークロードとは、システムが安定した高品質なパフォーマンスを発揮するための指標のことである。システムの稼働効率が悪いとコストパフォーマンスが下がるため、安定して運用するためのツールやシステムのことも指す。
コンピューターを使用するユーザーは、同時に複数のアプリケーションを用いコンピューターに指示を出す。ユーザーが行う要求は常に不安定であり時に非常に大きな負担を要する場合もある。こういった要求に対応できるように対応幅が巨大なシステムが必要とされるが、開発上は効率よく運用するための道筋が必要になる。
すなわち、CPU 時間やデータベースの変更数、応答時間などはリソースを配分する上で重要な要素である。開発する上でこういった要素を管理するために、ワークロード管理製品や仮想化環境管理ツールが存在する。開発中にシステムのボトルネックを分析した上でリソースを配分することが必要だが、これを自動で行う自動ワークロード管理機能や受信する接続を均等に分散する機能が備えられている。

戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~