キャパシティプランニング

キャパシティプランニングとはシステム開発や改修の際の計画要件の作成を行うことである。作成にあたってはユーザーに提供するITサービスの需要を把握(事業計画、業務要件、サービスレベル等から分析)、そこから実際に提供するシステムのリソースや性能の見積もりを行う。 キャパシティプランニングを行う際の要件として求められるのはビジネスレベルだとデータ処理需要、同時利用ユーザー数などが挙げられる。サービスレベルだとトランザクション量やネットワークトラフィック量、応答時間など。リソースレベルだとCPU利用率やディスク利用率、ネットワーク利用率など。これらを分析した上で最適なキャパシティプランニングを立てる必要がある。
戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~