アジャイル開発

システムやソフトウェアの開発において、小単位での実装とテストを繰り返すことによって開発を進める手法。対となる開発手法にウォーターフォールモデルがある。 アジャイル開発は、開発段階で詳細な仕様を決定しないため、仕様に変更や追加があった際にも柔軟に対応できるのがメリットとしてあげられる。また、小単位に区切って開発を進めることから、修正が必要な場合にも戻りの工程が少なくて済むのもメリットである。開発中にユーザーとコミュニケーションを取り合って開発を進められるので、トラブルも抑止できる。 デメリットとしては小単位での信仰のため仕様の追加や変更がしやすく、工程が増えた結果全体のスケジュールが遅延してしまうといったリスクが挙げられる。 アジャイル開発は2000年代以降に登場したソフトウェア開発手法である。従来使われていたウォーターフォール開発は、計画段階で仕様や計画を確定させ、その計画に従って開発を実行していく手法だ。アジャイル開発の登場によって開発期間は短縮された。
戻る

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~