Windows 7サポート終了まで残り1年。Windows 10への移行のポイントとは?

2020年1月にサポートが終了することが決定しているWindows 7。
OSの移行をご検討されているWindows 10への移行を検討されている企業も多いかと思います。本記事では、Windows 10へ移行する際の留意点や具体的なステップ等をご紹介します。
※OS移行のマスタプランをご提供しています。より詳細な情報はこちらよりダウンロード下さい。

OSのサポートが終了するとどのようなリスクがあるのか?

 2020年1月にWindows 7のサポートが終了予定となっており、残り1年を切っています。サポート終了後のOSについては継続して利用すること自体は可能です。ただ、サポートが終了したOSを使い続けることは、セキュリティに関する重大なリスクを抱えることになります。

 通常、メーカー側のサポートでは、常にセキュリティの更新プログラムのアップデートなどを行っていますが、サポートが終了すると、そのようなセキュリティの更新プログラムや、有償サポートなど、マイクロソフトが提供する重要な更新を含む、すべてのサポートが受けられなくなります。特にセキュリティの更新プログラムが適用されないことによって、脆弱性対策をされていない状態となるため、外部からの攻撃の脅威に常に晒されている状態となり、攻撃者に乗っ取られて犯罪の踏み台にされるリスクや、重要な情報が盗み出される危険性が高まります。

 更には万が一、サポート終了したソフトウェアを搭載したPCから顧客の個人情報などが漏えいして相手に損害を与えてしまった場合、重大な過失を問われ、巨額の賠償金を請求される恐れもあり、経済的な損失だけでなく会社としての評判も一気に失うリスクがあります。

Windows 10の特長と移行の留意点

 Windows 7がサポート切れとなることを受けて、これから移行検討を進める企業も多いと思います。最新のOSであるWindows 10への移行を検討する企業がほとんどかと思いますが、Windows 10の最大の特徴が、「Windows as a Service」というキーワードで表現されるように、OSが買い切り型であったこれまでとは異なり、アップデートの頻度や種類が変更され、常に最新の状態に更新される点です。OSアップデートの提供モデル以下のように2つに分けられます。

(1)「Semi-Annual Channel(SAC)」
(2)「Long-Time Servicing Channel(LTSC)」

 SACを利用した場合、半年に1回のサイクルでアップデートされます。一方で、Windowsのバージョン変更にあわせて利用するアプリケーションをアップデートすることが求められる場合がある。特に独自で開発したアプリケーションについては、アップデート時に動作検証が必要となります。

 これに対してLTSCは、購入時のバージョンを最長10年間にわたって固定的に利用できるモデルです。自社で独自に開発したアプリケーションで、業務などの用途に応じてカスタマイズする場合の利用に適しています。一方で、最新機能や脆弱性対策などは、SACのように自動でアップデートされないため、別途対策を検討することが必要となります。

OS移行の進め方について

 一般的にはSACを利用されることが多いですが、今後のIT環境の変化や業務で利用されるアプリケーションの性質なども見据えて慎重に進める必要があります。当社では、OS移行の計画策定~移行の実作業などもご支援しており、一般的には以下のようなスケジュールで移行作業を進めるケースが多くあります。
 
Step1:環境調査・基本計画設計(約2~3ヵ月)
Step2:実行計画設計(約1ヵ月)
Step3:移行作業(約1~2ヵ月)

※詳細は冒頭に記載しております、マスタプランをご参照ください。
 
当社では、このように社内インフラ環境の見直しを含む、全体的な視点からの移行計画策定、また移行の実作業のご支援などを行っています。移行をご検討されている企業様はお気軽にお問合せ下さい。

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~