「あたらしい働き方」私たちができること

国内中小企業「働き方改革」進捗率27%

「一億総活躍社会の実現」を大義とし、企業における処遇改善・労働生産性向上・長時間労働の是正、柔軟な働き方の環境整備、多様な人材の活躍に関する9つの分野を軸とした「働き方改革」ですが、中小企業での実際の進捗率は約27%と言われており、大手企業の進捗率と比べるとまだまだ課題を抱えているようです。では、中小企業において「働き方改革」の課題はどこにあるのでしょうか?

課題① 技術的な問題の改善
企業内で働き方改革が浸透しない大きな要因のひとつとして「技術的な改善」があげられます。「時間外労働の上限設定」において成果を上げている企業は多いものの、作業を自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」や「テレワーク」などの市場に出回っているツールを活用する為に必要な知識が乏しいという実態があります。

課題② 働き方改革の業績への影響
とある市場調査において、業績別の働き方改革の実施率を調査したところ、好調企業とそうでない企業での実施率の差が倍以上であることが分かりました。また働き方改革の導入効果調査では特に「ITツールの活用」に関して好調企業とそうでない企業で差が生じています。働き方改革に取り組むには、コストも時間もかかります。企業の業績に応じて正しいITツールを見極めることも重要です。

課題③ オフィスデザインと働き方改革
働き方改革が推進されていく中で、近年のオフィスデザインには「創造性」「コミュニケーション」「業務効率化」「コスト削減」を生み出す空間としての進化も求められています。またITツール以外の対面的なコミュニケーションについてもスピードと柔軟性が求められており、気軽に集まれるスポットをワークスペース内に設置する企業も増えています。

企業にあったツールを活用しよう

① RPAの導入・研修
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、データ分析、DM送信等の単純作業をロポットが代行することで、自動化・効率化を図ることができるツールです。これにより作業速度が向上し、人為的なミスも減少、より生産性の高い業務へ注力することが可能になります。

「RPA」詳細はこちら https://workplace.idex-f.co.jp/lp-rpa/

② ICTサポート
ICT(Information and Communication Technology)とは、PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなコンピュータを用いた通信技術によるコミュニケーションの総称です。テレワーク(=場所や時間にとらわれない柔軟な働き方)による在宅勤務などの実現の為、「社内インフラ構築」「セキュリティ環境の見直し」「IT業務の属人化の解消」に必要なICT製品・サービスの提案、導入後のメンテナンスをワンストップでサポートします。

「ICTサポート」詳細はこちら https://workplace.idex-f.co.jp/ict-support

③ オフィスリノベーション
企業に応じた「あたらしい働き方」に最適なオフィス空間のレイアウト設計・運用設計からデザイン、構築までサポート。IT化に伴うオフィス余剰スペースの有効活用、フリーアドレス制の導入、オフィスに必要なIT機器・サービスなどをご提供いたします。

「オフィスリノベーション」詳細はこちら https://workplace.idex-f.co.jp/office-renovation

できることから始めよう

「あたらしい働き方」と一言で言っても、企業によって課題は様々です。一人でも多くのライフスタイルの多様化に応えるオフィス環境を整える為にも、導入目的はもちろん、コスト面・運用面においてハードルが低く、取り組みやすい事を見極め、できることから始めましょう。

ライブオフィス&家具ショールーム見学会のご案内
~次世代のワークスタイルを体験できる見学会を開催中~